あなたに合った入れ歯をご提案します

失ってしまった歯の機能を補う治療法には主に3種類あります。それは近年広がりを見せている「インプラント治療」、となりの歯を削り支台にして橋のように連結した人工歯を被せる「ブリッジ治療」そしてもっとも歴史が古く、多くの方が利用している「入れ歯治療」です。

入れ歯には「噛めない」「外れやすい」「見た目が悪い」などのイメージがあるかもしれません。しかし、お口にぴったり合っていて噛み合わせが整っていればしっかり噛むことができます。入れ歯の不具合にお悩みでしたらお気軽に茨城県筑西市の歯医者「橋本歯科クリニック」にご相談ください。

入れ歯のメリット

入れ歯のメリット

比較的手軽に手に入ります

インプラント治療をする場合は、治癒期間を含めて治療期間が長くなってしまいます。入れ歯治療なら1ヶ月程度で手に入れることができます。

手術が不要です

インプラント治療の場合は人工歯根を埋め込む手術が必要です。しかし、入れ歯治療では手術の精神的、身体的な負担がありません。

健康な歯を削らずに済みます

ブリッジ治療の場合はとなりの健康な歯を削らなければなりません。するとその支台となる歯の寿命を縮めてしまうことにつながります。

費用が比較的安価です

使用素材や作製方法に制限がありますが、保険診療の入れ歯なら費用は一部負担で済むので比較的安価に治療が受けられます。

保険と自費の入れ歯について

保険と自費の入れ歯について

入れ歯には保険診療でつくる入れ歯と自費診療の入れ歯があります。大きな違いは保険診療の入れ歯は全国どこでも同じような診療が受けられますが使用素材や作製方法に制限があるのに対し、自費診療の入れ歯の場合は選択肢があることです。

保険診療と自費診療の入れ歯のかんたん比較
  保険診療の入れ歯
保険診療と自費診療の入れ歯のかんたん比較
自費診療の入れ歯
保険診療と自費診療の入れ歯のかんたん比較
固定方法 歯が残っている場合はバネ(クラスプ)で支えます さまざまな種類から選択可能です
違和感 厚みがあるので違和感があります 薄く小さめにつくると違和感が少なくて済みます
強度 低めです 素材により強度を高くできます
噛み心地 硬い物が噛みにくいことがあります しっかり噛めるような入れ歯がつくれます
費用 比較的安価です 比較的高額です

自費診療の入れ歯について

橋本歯科クリニックの自費診療の入れ歯紹介
スマイルデンチャー:片顎130,000円、全顎180,000円(税抜価格)
スマイルデンチャー:片顎130,000円、全顎180,000円(税抜価格) 弾力性のある樹脂を素材にしてつくる部分入れ歯です。金属のバネを使用しないので、見た目の違和感がありません。フィット感があり装着感も良好です。激しい温度変化には弱い素材であるところには注意しましょう。
マグネットデンチャー:
マグネットデンチャー: 残っている歯根と入れ歯に磁石を取りつけ、磁力で入れ歯を吸着させる入れ歯です。しっかり固定されるので硬い物でもしっかり噛めます。バネを使用していないので金属が見えず目立ちにくい入れ歯です。
コーヌスクローネデンチャー:
コーヌスクローネデンチャー: 残っている歯に内冠を被せ、その上の部分の入れ歯に内冠にぴったり合うようにつくった外冠を取りつけます。茶筒とフタのようにぴったり固定するのでしっかり噛める入れ歯です。
金属床義歯:スタンダード350,000円、チタン400,000円、ゴールド500,000円(税抜価格)
金属床義歯:スタンダード350,000円、チタン400,000円、ゴールド500,000円(税抜価格) 粘膜に触れる床の部分を金属でつくる入れ歯です。薄く丈夫なので違和感はあまりありません。また飲食物の温度が伝わりやすいので味覚を楽しむことにつながります。

入れ歯のお手入れ方法

お口の中で使用する入れ歯は清潔に保つ必要があります。1日の終わりにはきちんとお手入れしましょう。注意しなければならないのは、入れ歯専用のブラシや洗浄剤を使用することです。歯みがきに使用する歯ブラシや歯みがき粉には研磨剤が付着していることがあり、入れ歯に細かい傷をつけてしまいます。この傷は細菌が付着しやすいので気をつけましょう。

STEP1:
流水での洗浄
STEP2:
入れ歯専用ブラシで洗浄
STEP3:
入れ歯洗浄剤に浸水
入れ歯のお手入れ方法 入れ歯のお手入れ方法 入れ歯のお手入れ方法
まず水を流しながら入れ歯に付着した汚れを落としましょう。 入れ歯専用ブラシで汚れを丁寧に落としましょう。 入れ歯専用の容器に洗浄剤を入れて浸水し、雑菌やカビの繁殖を防ぎましょう。
  • 橋本歯科クリニックの医院情報はこちら

PAGETOP